ネットで年の差彼女を作るための、3つのポイント。

理想の彼女に出会えた

こんにちは。恋愛カウンセラー ・イサキです。

今回は、ネットで彼女を作るときに重要になってくる考え方として、

  • 男は何歳からでもモテるの本当の意味
  • 適齢期の20代男たちの取りこぼしを活かす
  • 女たちのギャップ萌え(イメージを崩す)

について、話をします。

年の差婚とか、最近ネットで騒がれていますが、その成功した一面だけを見て

♂「俺も年の差婚とか、年の差彼女作れるはず!!」

とは、思わない方がいいです。

成功のためには、いろいろ背景があります。

 

1.まず、男は何歳からでもモテる、出会えるという言葉の意味

男の年齡は女の年齡ほどには、恋に影響は与えません。

ここを指摘すると、いろんな女性人権団体からお叱りやバッシングをうけるので書きませんが(笑)これは誰しも実体験として感じてると思います。

♀「30代以上の男は粗大ゴミ!恋愛対象外!」

♀「精子も劣化するんだよ!ジジイの種などいらぬっ!」

と、女たちからどれだけ叩かれても「うーん、そうかなあ」「彼氏にプロポーズされなくて、ただ文句言ってるだけちゃうん?」って、軽く受け取る男たちのほうが、実は多いのではないでしょうか?

若さや見た目以外で勝負できる余地が、男の場合は多い(というかそっちがメイン)ですから、逆に年齡以外の「強み」部分を、ライバル男たちよりも、どうにかしたいと悩んでいる男たちも多いかと思います。

 

とはいえ「男の年齡は、女との出会いほどに影響はない」という言葉だけを鵜呑み(うのみ)にしすぎると、ダメージを受けすぎるのは男の側です。

例えば

  • 30越えなのに、10代・20代のような軽い言動
  •  30越えなのに、10代・20代のような趣味や世界観
  • 30越えなのに、10代・20代のようなお金の使い方

など、年齡相応の積み上げ部分がなく「年齡は別に関係ないでしょ」と油断して、ただ歳を重ねただけでは、年齡と魅力がリンクせず、苦戦するのは当然だと言えます。

 

世の中すべての男たちが「恋に年齡は関係ないっしょ」って思って、ダラけて、何の努力もしてなれば差がつかないので問題ないから楽だと思うんですが(笑)、差をつけてやろうと考えて、先にスタートして走りだしている男たちが大勢いる。

テストじゃないんだから、先にリードしていてOK、フライングOKなのが恋愛です。 先にうまくやっている男たちがいるんだから、こっちもやるしかないよねって流れになるので、実のところは男の年齡もそれなりに、出会いや恋愛成功に影響を与えます。

 

男の年齡と出会いは関係ない、男はどんな年齡でも恋愛成功できるという言葉を平たく言い直すと何歳からでも改善することができる、 改善することで何歳からでも恋愛成功が獲得できるという意味になります。

何歳になっても(無努力で)その気になれば恋愛成功できるという意味ではないです。

男にとって年齡はただの背番号だと思っている被害を一番くらっているのは、実は男たち自身だと言えます。

 

2.一方で、20代メンズも出会いを取りこぼしている

じゃあ、最も出会いやすい20代の男たちが、抜かりなく女たちと出会えているかといえば、そうでもない。

♂「俺は、俺のことを好きって言ってくれる女のことが好き。だって俺は俺だから。俺の魅力を理解してくれる女のことが好き。」

♂「結婚?うーん、よくわからないな。」

♂「クレーム対応中だから今日ぐらい残業しろってうるさくてさ、課長を論破してブッチしてきた。吉野家でメシ食ってからホテルいこうぜー(男は実家暮らし中)」

っていう、ゆとり男子とのあいまいな恋・見通せぬ人生に疲れた女たちが真っ先に目をつけるのが、しっかり働き、ビシバシ遊んでいる大人の男です。(ただし、20代メンズだってしっかりしている男も大勢いますし、40代男で空っぽというか、なんにも積み上げていない男もいます。)

 

最もハイクラス女子と出会いやすいはずの20代の男たちも、年齡と魅力がリンクしきれていない空回り中の30代以上の男たちも、どちらも自分の年齡をただの番号か何かだと思っていて、活用しきれていない・魅力とリンクしていないと言えます。(どちらも、もったいない・・)

男であれば誰でもいいと考えている女たち(援デリOLなど)は別として、真面目に男を見極めようとしている女たち、至極まっとうな感性をもって社会生活を営んでいるハイクラス女子たちは、年齡と人間性とライフスタイルのバランスを見ます。

 

そう。鋭い方は、お気づきだと思います。 年齡と人間性とライフスタイルのバランスを見るということは、女たちの中にはもともと「これぐらいの年齡の男であれば、たぶんこんな感じじゃない?」っていう基準というかイメージがあるということ。

それは、日々の社会生活の中での自分の経験則や、女同士での情報交換で知り得た知識とか様々ですが、その基準は結構、普通です(笑)

20代ハイクラス女子たちは頭が良く、男たちが思っている以上に現実的なため、20代のサラリーマンに年収600万円とか1000万円とか求めません。(もし求めるのであれば、高年収の男たちがいる出会いの場に自ら足を運びます。)

 

もっというなら(自分が許せるタイプの男であれば)普通の20代男も、そこそこの30代男も、それなりの40代男も、仕上がってきた50代男も見ます。

 

3.女のイメージ枠の話

ハイクラス女子たちの中には、20代でこれぐらいできてれば、がんばっているほうだろう、30代ってだいたいこういうもんだろうよ、というイメージの枠がだいたいあって、それを大きく逸脱(いつだつ)している男・何か欠落している男と接するときは、徹底的にナメてきます。

いいねも返さないし、つながろうとしない。社交辞令ナシ。 このへんは、すごく徹底的にやってきます。

 

出会いや恋愛って、男女お互いの慈善事業やボランティアじゃないからね(笑)人と人とのぶつかり合い。馴れ合いナシの、本気の斬り合いです。

恋愛最前線で、平等な人権とか、礼儀正しい対応とか、認め合うことから始まる人間関係なんて求めていたら、数日で心が病みます。 というか、何で自分が女から信用されていると思っているのか? その思い込みは早く捨てたほうがいいです。

ハイクラス女子の話とは違うんですが、例えば、あなたがネットの出会いで、女たちからまともに相手をしてもらえなかった経験ってありませんか?

過去にリアルで知り合った女からは一度も受けたことのない仕打ちというか(笑) 食事おごってバイバイされるばかり。

セックスできても、その女に浮気されるとか。 実はそれ、そういうふうにあなたと接しても構わないと思われているからです。

 

同じその女が、これはちゃんと接しなくてはいけない男だと思った別の男には、あなたに対するような接し方も無視も無礼もしません。

ひどい女だな!!という前に、あなただから、そういう風に接してきていると気づけるかどうかも、結構大事なことだと思います。

ナメられる要因があるって気付けないと、繰り返しますから。

 

あなたのSNSのプロフィールでNOなのか?日々のコメントなどでNOなのか?何がNOなのか?は、わかりませんが、差別的に接せられるということは、何かで確実にNOが出ている(なめられている)ということです。

このYESとNO、好きと嫌いの判断も、女のイメージ枠(たぶんこういう人でしょうという)が判断基準になっています。

 

つまり、年齡と人間性とライフスタイルのバランスが取れている男たち・年齡と魅力がリンクできている男たちは、この女のイメージ枠にちゃんと収まりつつ、+αの魅力部分で、差をつけようとしている。

イメージ枠って女ごとに違うんですが、日々のやりとりや言葉の中、SNSであれば日々の投稿の中のコメントとか見て、

「ああ、30代の男のことを、だいたいこういうふうに見ている女だな」

「へえ、40代の店長、誘ってきてキモいんやー。年上男に対して、あんまり、いいイメージない女かもな」

「20代男とのやりとりのグチコメントか。え?こんなレベルで言い合ってるの?モメてるの?彼氏、買ってあげたらいいのに(笑)」

と、気付くこと、わかることがたくさんあると思います。

その女が男をどう見ているか?を知ること。それを知ることが、その女のイメージ枠を測ることになります。

 

4.女からのイメージが見えたら、次にギャップ萌えの話

このイメージ枠に収まることをすっ飛ばして、やれ高級車だ、グルメフォトだ、ハワイだとか、自慢写真ばかりタイムラインなどにアップしていても、何の魅力もないどころか、あほちゃう?って女から思われている(苦笑)

♀「そんなことで釣られません。」

♀「自慢投稿、鬼ウザい。」

って、毎日嫌われていれば、メッセ飛ばしてもガン無視されてアタリマエです。

 

冷静に考えれば、高級車とか、グルメとか、ハワイとか、嫌いじゃない女も多いかと思いますが、なぜ良い反応がないかといえば、そこにギャップがないからです。

もともとそういう人でしょ?、年齡相応でしょ?って思われていたらギャップもなにもない。

50代で高級車乗っててもフツーって思われるし、20代後半の男にハワイ旅行でドヤ顔されても、大学時代から毎年行きまくっていた女たちは冷める。(この場合、50代で高級車に乗れるとは限らないとか、リアルの現状認識は意味がない。女がそう思っているという部分が問題。)

その女がどんなイメージ枠をもって男たちを見ていたかという視点がなく、バシバシ自慢投稿して自分の情報を与えすぎたために、何か欠落している男、大したことないのにドヤ自慢する男と思われた。 自分のことばかり書いて、自分のセルフィーばかりアップしている女を見ると冷めるはず。

やはり、女のイメージ枠を越える=ギャップを作ると言う部分が大事になってきます。

別にネットの話だけじゃなく、リアルな環境でも、人はギャップ萌えしています。

  • 20代の若手ほやほやと思いきや、臆せず落ち着いたしっかりした対応もできる。
  • 40代の課長、仕事は真剣で怖いけど、一方で部下や話すときは軽やかに楽しく話ができる。
  • 大人な趣味や世界観も知っているのに、一方で、20代のような趣味や世界観も理解している。
  • 年齢相応の年収があり高級レストランや大人の遊びや旅行もいっぱい知っているのに、一方で、渋谷とかでの安デートも十分楽しめる。
  • この年齡の男はビール腹と相場がきまっているのに、スリムな体型。割れている腹筋。 昨日入ってきた新人さんが、しっかり電話も受けて、他部署に電話転送しているのを見て、「お。やるなあ」「真面目だ」と感じてしまうのと同じ。(電話応対ぐらいアタリマエなのに・笑)

これがイメージ枠とギャップが引き起こす錯覚です。

 

新人さんにはまだできないでしょう?というイメージ枠があるから、多分、入社5日の時点で電話を受けなくても、誰も何も思わなかった。

誰だってそんなもんでしょ?って誰しも思っているから。 でもその新人さんは、その周囲のイメージ枠を越えた。採用OKを出した部課長は、自分の選択は間違っていなかったと思うはず。(まだ成果を出してないのに・笑)

これが社会人のギャップ萌え。

 

もともと持っていた先入観とか、経験則に持っていたイメージ枠を越えるさまを見たとき、人はその人が素敵に見える。 恋愛も同じ。年齡相応の基本(そこそこの年収や人間性)+年齡らしからぬ楽しいライフスタイルを見てとれば、この男は「合いそうか?」「ムリか?」という問いや疑問が、いつのまにか消えて、

♀「この男なら十分つきあえるんじゃね?」

♀「え?とりあえず、結婚しよ?(笑)」

♀「うーん、最近、おっさんって見れなくなってきたー」

♀「甘えれるってラクちん!!」

という判断を、女たちが下します。

 

もしあなたが20代メンズであれば、その女が20代の男に持つイメージ枠はなにか?ぐらいわかってから、いろいろアプローチを開始したほうがいいですし、もしあなたが40代であれば、その女が40代の男に持つイメージ枠はなにか?ぐらいわかってから、いろいろアプローチしたほうがいいですね。

女からどう見られているか?イメージ枠がだいたい見えたら、次に「どうすればギャップ萌えするか?」を考える。 これだけでも女のあなたを見る目とか、評価とかが変わります。 いきなり車自慢とか、旅行自慢とかって直接的過ぎて、魅力が魅力として正しく伝わっていないんですよね。

せっかくそういうものをもっているのならば、メインにせず(踏み台にして)ギャップを作ればいいのにって思います。

 

また、モノで勝負できない場合は、自分の年齡を逆用してギャップを生んでいくしかないと思います。 ♀「へえ〜、◯◯さんってそういう一面があるんだー」と思われる何か。

しょっぱい話ではあるんですが、男が魅力をアップする場合、金をかけるか?手間をかけるか?という問題に行き着きますので、何もないなら手間をかけるしかありません。

何も意識していなければ、男にとっての年齡は、ただの番号や数字ですが、出会える男たちは自分の年齡を上手に使ってマジックナンバー化させているって話です。

だって、20代の男と50代の男は絶対に同じじゃないんだから、その違いを生かすべきですね。

話が長くなりましたが(笑)、男の長い恋愛生涯を、充実させるために、この考え方をお役立てください。

イサキでした。

無料PDF教材:男の恋愛・3つの壁(90ページ)

ええー!? 普通に恋愛してるだけじゃ、もう彼女はできないって、どうゆうこと!? 男の恋愛を苦しめる「3つの壁」女の口説きやすさを10倍アップさせる全手法。無料PDF教材90ページ。

 

あなたは最近「自分に対して女の拒否反応が強すぎる・・(泣)」と感じていませんか?

この教材では、

・なぜ、誘った女の「拒絶反応」が、数年前より強まっているのか?
・なぜ、多くの男たちが、社会や女から恋愛ダメージを受け続けているのか?
・なぜ、恋愛テクニックや心理テクニックが「見知ったそのまま」で使えなくなっているのか?

などを、PDFファイル90ページにわたって詳細に解説しています。

あなたの恋愛苦悩の解決に、ぜひご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。