彼女作りのモテるプロフィール、中身を埋めない3つの理由。

プロフィール作成方法

こんにちは。

恋愛カウンセラー ・イサキです。

 

ネットで彼女を探そうとする場合、必ず書かなくてはいけないプロフィール。

相手が(女たちが)何を知りたがっているかに合致していない内容だと、永遠に読まれることはありません。

ネットで彼女を作れない男たちは、このプロフィールが苦手のはず。

そして、ただ埋めればいいという話ではありません。

プロフィール欄を自己紹介で埋めているうちは、女たちに相手にされず、ネットでの彼女作りはかなり手こずるはずです。

では、なぜ埋めてはダメなのか?自己紹介を入れるのが、そもそもプロフィール欄の役目ではないのか?

その理由は主に3つあります。

 

1.自己紹介欄をそのまま使うプロフィールは10年前のやり方。

「出会い」「プロフ」でググってみると、とんでもない数のサイトがヒットします。

そして、それらサイトには、プロフィールの書き方が何ページにもわたって、つらつらと書かれています。

 

さすが検索上位のサイトだけあってデキは良いですし、情報量も多いのですが、そのプロフの使い方、その内容は 10年前の考え方 だと言えます。

例えば、そのサイトの中身が、間違っているんじゃないんですよね。

誰もが同じように、プロフィール欄を使っている、普通に自己紹介を書いているから、埋もれてしまうということが問題なんです。

というか、プロフィールの例文を見て、そのまま自分のプロフを作ってません?間違いなく埋もれます(苦笑)

 

一方、出会えている男たちだって、プロフィール欄に自己紹介は確かに入れていますが、目的によって、テイストががらりと変わりますし、出会えている男たちの多くが自分の紹介はほどほどにしています。

もし、あなたが、「俺のことを、もっと知って!」「俺のことを、もっと見て!」「俺のことを、もっとわかって!」という方向性で、長文の自己紹介を書いているならば、そこから見直すべきです。

プロフィール欄を自己紹介で埋める男は、何かをごまかしているようにも見えて、女たちから無視されます。

 

2.自己紹介欄を埋めて出来上がるプロフィールは・・・。

例えば、インスタなどのプロフ欄って、すごく参考になりますよね。

長文は入らないのに、人気プレイヤーは、すごくおしゃれなプロフを入れています。

私の個人インスタも、ちょっとキザですが、シンプルな英語表記にしてあります(笑)

 

Facebookも同じですね。こちらはガッツリ長文のプロフが書けます。

でも、スマートに短い文章でプロフを書いて、使いこなしている人が多数。

やはりおしゃれ!

何を書くかではなく、どう書くかで自分の個性を出す。これが最新のプロフ事情です。

 

それを踏まえて、ですよ。

自己紹介欄をみっちり埋めている人って、第三者から見たらどうなのかという話。

自己開示率の調整もせず、全力で

♂「自分ってこんな人間でーす!!」

♂「自分って、日々、こんなことを考えて生きていまーす!!」

♂「(読みきれないくらいに、みっちりプロフを書いておいて)俺ってば、こんなにちっぽけな人間だもの。よろしくお願いしまああああす!」

とか、素でカマされた日には、なんだかもらい事故でもしたような痛い気分になって、その人をブロックしたくなります。

 

どうでもいい人の完全無欠のプロフィールって、不幸の手紙みたいに重いです。

悪気がないから、手に負えない。気づいていないから、なんか怖い。

履歴書や業務経歴書みたいに、SNSのプロフを書く人って、キモいっていうか危ないって気づかないとダメです。(誰も言ってくれないと思うので、嫌われる覚悟で私が指摘します。)

そして決まって、プロフィールを書くんだから、しっかり書かなくっちゃと暴走している人たちはおじさん、おばさんばかり。

そりゃ、女たちにガン無視されるって話です。

 

3.プロフィールの自己開示率を調整する。

そして、プロフを書くときには、自己開示率を考えて書いて下さい。

さらに、この開示率の調整の意味を、間違えないで下さい。

誰も男の細かいプロフに興味がないんだってことなので「男は書きすぎるな、メルヘン禁止」って意味です。

シンプルなプロフのほうが、内容に関わらず印象がいいから、自己開示率は抑えた方がいいですよっていう話ですから。(言葉キツくてすいません・・・)

 

そもそも、男の細かい生い立ちなんて、誰も興味ないですよ。

昭和何年に私立●●小学校に入ったとか、平成何年に●●大学を卒業したとか、就職したとか。こんな情報、誰が聞きたいと思うのか??

個人情報がどうとか、トラブルに巻き込まれるとかどうとか気にしすぎる人もいますが、そもそも気にしなくていいです。

みっちり書いても、おしゃれにスカスカに書いても、私やあなたが書いたプロフなんて、誰も読まないし、興味ないんです。

 

もしも、あなたが、

「俺のことを、もっと知って!」「俺のことを、もっと見て!」「俺のことを、もっとわかって!」

という、お願いテイスト・売り込みテイストで、長文の自己紹介を書いているならば、一度そこから見直すべきです

もう、そういうプロフィールを書く時代は終わりました。

 

逆に、自己紹介欄をみっちり埋める男は、何かをごまかしているようにも見えて、女たちから無視されます。

女たちに興味があることって、男の年齢、仕事内容、身長体重、彼女の有無くらいじゃないですかね?

あとは顔写メぐらい。

なので、シンプルにすればするほど、それだけで女からの反応率は良くなるはずです。

あ、ただし、SNSをビジネス利用される場合であれば、みっちりプロフは書いて下さいネ。

イサキでした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

一般財団法人日本能力開発推進協会 (JADP) 認定、上級心理カウンセラー。クライアント数9,304名。週刊SPA!、週刊プレイボーイ、レディースファッション誌ViVi、with、クールトランス、Men’sLeaf、webR25、ヒトメボなど、恋愛コラム多数掲載。